可哀相な奴、

中学の頃、どうも虫の好かない奴がいて、
言ってること、ともかく腹が立つ。
かといって私は相手にせず、
〝可哀相な奴〟などと陰で口にしていた。

いま思うと、彼は彼で大真面目に、
世界や現実と向き合っていた気がする。

相手と直接向き合うことをせず、
〝気の毒な人〟などと言うのは、
とても傲慢なことだと思う。
いまの自分は、あの頃よりすこしは謙虚になれただろうか・・・・。

   夜半の冬 歩き疲れて 人影なし


先日、通りがかりのビルです。
ステンドグラスをあしらってありました。

a0043323_659116.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-01-04 07:00


<< 湯河原の梅、 手水舎(てみずや)、 >>