ロダン、「地獄の門」

これは上野、国立西洋美術館にある、「地獄の門」。
先月末に、ちょっと寄ってみました。
けれどこの作品見ると、
ロダンよりカミーユ・クローデルのことを思ってしまいます。
イザベル・アジャーニ主演の映画をビデオで観ましたが、
この美術作品の製作スタッフとして、
カミーユはロダンと知り合ったようです。

あとは、様々な史実に伝えられている通り。
結局、ロダンとの恋もうまくいかず、
やがてカミーユは心を病み、精神病院に入れられてしまいます。
そして30年間も閉じ込められたまま、そこで亡くなるのです。

映画では詩人でもある弟、ポール・クローデルの、
こんな独白がありました。

 「姉の才能は、姉を不幸にしただけだった」

アートって何なんだろうと思ってしまいます。

   地獄の門 いにしえの女(ひと) 思う冬


a0043323_1855256.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-02-12 18:56


<< ソイ・ラテ 湯島の梅、 >>