スズキの油冷エンジン、

先日、バイクのエンジンオイルとフィルター、
それに前後のブレーキパッドを交換しました。
こういった整備は自分でやります。
寒い日に外だったので、滅茶苦茶冷えました(w

日本のメーカー、スズキのbandit1200というモデル。
これはスズキが80年代半ばに開発した、
油冷エンジンを搭載しています。
この開発には逸話があり、
軽量、コンパクトで高性能のエンジンを作ろうとして、
部品をそれぞれグラム単位で軽量化を追求し、
スタッフは週に何度も徹夜をするほどだったそうです。
「開発責任者のYさんに殺されるかと思った」、
というスタッフの談話があるくらい・・・・(w

この型のエンジンは
すでに70万基以上が生産されているそうです。
これは大型オートバイのエンジンとしてはかなり異例。
それだけ完成度が高いのです。
おそらくバイクの歴史を語る上で、
この油冷エンジンは必ず出てくる名前だと思います。

単体としての形、細かいピッチの冷却フィン、
とても造形の美しいエンジンです。

   オートバイ 酔狂者に 風の凍つ 


a0043323_20534543.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-02-20 20:54


<< 腕時計、 O美術館とソイ・ラテ、 >>