俳句は右脳?、

俳句を詠むとき、ほとんど考えません。
写真を眺めていて、
あるいは風呂に入っているとき、帰宅途中、
一瞬で、ふっと浮かぶ感じです。
(だから大した句ができないのかも、w)

人間の脳では、左脳に言語中枢があります。
運動性言語中枢(ブローカの中枢)と、感覚性言語中枢(ウェルニッケの中枢)、
これどちらも左脳側。
よく言うのが、右脳は感覚性、左脳は論理性。
もっとも女性は右脳にも言語野の局在があるそうです。
俳句は言葉の遊びですけど、
それを発想するのは右脳のようにも思います。
昨日は「超フェラーリ主義。」という本を読みました。
さてこれからお風呂です。今日は何を読みましょう・・・・・。

   春雨の 今日はひとりで 本を読む


写真は2月名古屋、これは名古屋港水族館にて(ここオススメ)。

a0043323_20282996.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-04-10 20:30


<< お願い、 落書きのトンネル、 >>