百葉箱、

これは目黒の自然教育園にて。
都立庭園美術館のすぐ隣りです。
この自然教育園は、武蔵野の面影を残す林が広がっています。
その昔、14世紀の頃に、しろかね長者という人がいたという話があり、
それが白金という地名の由来だとか。
プラチナ通りはこのすぐ近く。

また、父が若い頃、この自然教育園の、
現在は立入禁止となっている奥の水のところで、
オオサンショウウを見たそうです(若い頃の母も一緒に)。
まさかこんなところで繁殖するわけはありませんし、
誰かが放したのでしょうか。
この自然教育園は、国立科学博物館の付属だそうです。

ちなみに幼稚園くらいのとき、ここのひょうたん池に頭から落ちて、
わんわん大泣きした人がいます(ずぶ濡れ、w

   梅雨晴れに百葉箱の白さ哉


a0043323_22312593.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-06-26 22:33


<< 紫陽花の葉、 ガトーショコラ、 >>