「エーゲ海に捧ぐ」、木内克

タイトルは「エーゲ海に捧ぐ」、これは笠間日動美術館にて。
池田満寿夫の小説でも有名ですが、
いま調べてみたら、芥川賞の受賞が1977年でした。

木内克のブロンズ像はこのタイトルで1971年作のものがありますから、
偶然の一致か、もしくは池田満寿夫が知っていて小説に使ったのでしょうか…。

   夏の日も深く青くて女は海


a0043323_116150.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-07-09 11:10


<< 鉄火巻き、マヨ補完、 「ホスピタリティー(歓迎)」、... >>