小さな王蟲? ダンゴムシ、

先月、接写マクロで撮りました。
ワラジムシ目で、海の磯辺にいるフナムシなどもこの同類。

そういえば「風の谷のナウシカ」に出てくる王蟲(オーム)は、
このダンゴムシがモデルなのかも知れないと以前ふと思いました。
マンガ版の「風の谷のナウシカ」では、
王蟲が人工の生命体であるという秘密も出てきます。

けれど、不思議に思うことがあります。
そもそも自然って何なんだろう・・・・。

 自然は人間以外のもの?

常に人間と自然といった区分けで考えられていますが、
これは一種の傲慢なのではないかなと思うことがあります。
蟻が作る蟻塚が自然なら、
人間の作るビルや多くの人工物もやはり自然なのかも知れない、と思う。
特に宇宙的なマクロの視点で捉えれば、
家も自動車も飛行機も、アートも映画もマンガも、
そもそも人類自体が、地球という小さな星の、自然の一部でしかない気もします。

自然と環境を、言葉として混同しないほうがいいかも知れません。

   ダンゴムシ小さな王蟲宇宙の眼


a0043323_22195634.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-07-30 22:16


<< 伊勢海老のコロッケ、 「子供の樹」 岡本太郎、 >>