夕焼けの空、

しばらく前、思わず声を上げてしまった空です。
ちょっと運転中だったので、
気をつけて撮影しました(やめましょうね、w)。

朝と夕方、空が赤く見えるのは、
太陽の角度が変わって、
それによって光が通り抜ける大気の層が長くなる。
すると波長の短い青い色は乱反射してしまい、
波長の短い赤い色が地表に到達するというわけです。

そういえば光って、電磁波なのです。
プリズムを使って光が七色からなることを発見したのは、
物理学者のアイザック・ニュートンです。
万有引力、微積分法の考案と合わせて、ニュートンの三大発見のひとつ。
もっともニュートンは光を微粒子と考えたようです(誤り、電磁波)。

   夕焼けよわが身を灰に焼きつくせ


a0043323_20535453.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-08-09 20:58


<< 十二橋の川舟、 活字、 >>