地球温暖化について、

コメントで地球温暖化の話が出ていましたので、
ちょっと思うところを書いてみます。
将来的に必要となりそうなことの、個人的な感想と予測です。


1)移動と運送手段の変革
 現状では主に自動車による、
 化石燃料(石油類)を浪費しての熱、二酸化炭素放出も大きいと思われます。
 10年では無理ですが、おそらく20年~40年後くらいに、
 先進国を中心にガソリン自動車から電気自動車への移行が進みそう。
 (たぶん、いまのようなガソリン車は無くなるか、少数派に)
 電気自動車も電気の生産に無駄な発熱や二酸化炭素が出ますけど、
 すぐれた電気自動車の開発ができれば、ガソリン自動車よりはマシ。
 ただし車両の生産コストとして大きなエネルギーも必要なので、
 一般化にはまだかなり時間がかかると思われます。

 #物の値段って大まかにいうと
  その生産に投入されたエネルギーに対するお金ってこと。
  仮に電気自動車が一台1千万円なら、
  200万円のガソリン自動車に比べて、
  800万円分も余計にエネルギー(材料、電気、労働etc)が
  使われたということになります。
  だから現状では一概に電気自動車ヨシとは言えません。

 同時に、自転車が市街地の移動手段として大きな要素になりそう。
 ヨーロッパでは既に公道での自転車専用レーンの設置や、
 自動車進入禁止区域の拡大(自転車は可)、
 また自転車をそのまま車両に持ち込める列車も増えてきています。
 (日本の場合、車輪を外して丸ごと袋に入れれば持ち込み可。
  これ輪行といいます。ただし、レアケースというのが現状)

 自転車、都内7kmくらいまでの移動は自動車や電車より速いこと多い。
 もしかしたら自転車は『最強の環境ビークル』かも。

2) 食料資源とその利用の変革
 肉って生産効率がひどく悪いんです。
 牛肉1キロを生産するのに必要な穀物が8キロ、
 豚肉1キロには4キロの穀物が必要と言われています。
 
 ひとことで言うと、肉を食いすぎ!!!
 ピュアベジタリアンとまではいかなくても、
 肉の消費を減少させることが必要となりそう、やはり特に先進国。
 穀物食の割合を増やす方向が温暖化防止にも一役買う!

 健康上、ある程度の肉食も必要と思います。

3) 環境資源の意識変革
 森林資源はもっと大事にしないといけない。
 そういった環境資源は、将来的には資産と考えるべき。
 「環境貯金」や「趣味の森林投資」なんてダメかな。
 植物群というのは空気中の二酸化炭素を減らして酸素を増やすだけでなく、
 洪水の防止、河川流入域の海を豊かにする等、
 環境に対して様々な効果があります。

 これは先進国だけでなく、それ以外の地域でも、
 焼畑による森林被害等の要素も大きいと思います。
 その辺を皆でもうちょっと考えましょう!
 
 ちなみに空気中の酸素安定(と二酸化炭素減少)については、
 陸上植物群よりも海中植物群による要素がはるかに大きいという話。
 海は地球表面の約70%もありますし。
 

 
なんだか堅い話になっちゃいましたね。
読み返してみると思いっきり机上の空論とも感じます。
おそらくは焼け石に水、やらないよりはマシ、というレベルかも。
けど温暖化は地球規模での文明病という気もします。
バックミンスター・フラーが提唱した、
『宇宙船地球号』という概念は、やはり大事な視点だと思う。


   宇宙船浮世の春も地球号


a0043323_5143311.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2007-02-09 05:16


<< ケロちゃんカルテット、 白熊、 >>