ベシ(モーレツあ太郎)、

昔の漫画も味わいがあった気がします。
いまの漫画も時々読むのですが、
時代を熱狂させるような作品は思い当たりません。

いまはほどほどに面白くって、
ソツのない漫画が多い気がします。
過去の作品でまた読み返してみたいのは例えば、

「軽井沢シンドローム」(たがみよしひさ)
「めぞん一刻」(高橋留美子)
「MASTERキートン」(勝鹿北星 浦沢直樹)
「アドルフに告ぐ」(手塚治虫)
「うしおととら」(藤田 和日郎)
「ファントム無頼」(新谷かおる)
「アストロ球団」(遠崎史朗 中島徳博)
「六四三の剣」(村上もとか)
「オフィス北極星」(中山昌亮 真刈信二)
「風の谷のナウシカ」(宮崎駿)
「キャプテン」(ちばあきお)
「寄生獣」(岩明均) 
「釣りキチ三平」(矢口高雄)
「ドカベン」(水島新司
「Dr.スランプ」(鳥山明)
「マカロニほうれん荘」(鴨川つばめ)
「究極超人あ~る」(ゆうきまさみ)

昔は、漫画を読むことに罪悪感というか、
あまりよくないという風潮がありました。
いい大人が読むのは恥ずかしいことという認識もあったと思います。
いまはそういう漫画の毒みたいなものが薄れてしまったのかも。

もちろん(文字のみ)の本はもっと大好きです。

   マンガ読む楽しみあの日は蜃気楼


a0043323_636506.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2007-03-16 06:34


<< はて・・・・? 工事現場のフェンス、春、 >>