梅とウグイス、

歩いていて、ふとこんなものを見つけました。
排水溝の蓋に梅とウグイス、
いったいどんな人が考えたのでしょう。


そういえばコメントにも書いた「MASTERキートン」というマンガのなかで、
少年の頃のキートンの話があります。
彼は母親のいる英国で、とあるバスの運転手と知り合います。
その運転手が少年キートンに、こう話すのです、

 「坊や、目がいいと人生は楽しい」

それが〝master of life〟(人生の達人)の極意だと教えます。
視力のよしあしの話ではありません。
身の回りに素敵なもの、いいものを見つける目は、
純な心と子供のような好奇心が必要なのだと思います。
自分など、まだまだ達人になれません(w

   目を閉じて今朝は梅の香ホーホケキョ


a0043323_21292475.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2007-03-20 21:41


<< 深夜の多摩川、 お弁当、 >>