「四輪春行」その1、

四季は巡りゆく、気がつけば今年ももう四月。
時の迅さにいまさらながら当惑します。
人の一生がひとつの長い旅なら、
それは日常という小さな旅をいくつも重ねていくのかも知れません。

目の前にあっても気づかない物はたくさんある。

本当に大事なものは目に見えない、
これはサン・テグジュペリ、「星の王子様」に出てくる言葉です。
日常からすこしだけ離れてみると、
いろんなものが見えてくるかも知れない。


GWは何処かへ出かけようと思っていました。
スイフトの足回りもグレードアップし、
先日タイヤも取り換えたばかりです(行く気満々)。

体調のこともあって、今回は一泊の新潟行き。
ホテルは前々日に「じゃらん」で予約しました。
連休初日の朝、目覚ましが鳴る前に目が覚め、
三時半にはもうエンジンをかけます。

まだ暗い空の下、首都高から東北道へ。
最初の蓮田SAで休むと、駐車場はもう車で一杯でした。
サンドイッチとコーヒーのモーニング、

   風船のごとくに旅を今日も生く

a0043323_20282765.jpg




渋滞こそないものの、
GWだけあって、こんな時間なのに車は多い。
磐梯熱海ICを出たのが朝7時、高速代5,350円。
そのまま裏磐梯へと向かいます。
すこし古め地図で有料道路の母成グリーンラインが、
すでに無料通行になっていました。
対向車はほとんどいません。
地図で五色沼というところを見つけ、立ち寄ってみます。
三世代ファミリーの女性にデジカメのシャッターを頼まれました。

   シャッターを頼まれ春の五色沼

a0043323_20284967.jpg




空はどんよりとしています。
桧原湖を反時計回りにぐるっと半周、
そして喜多方への国道に入ります。
道の駅裏磐梯で一休みして、こんにゃく串を食べました。
これは250円、からしも付いていて美味しかった。
小降りの雨がはじまりました。

   降りはじめ空を見上げる花の雨

a0043323_20292069.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2007-05-04 20:42


<< 「四輪春行」その2、喜多方、 5月3日、おまけ画像です、 >>