自転車、旧日光街道にて、

これはGW中、ちょっと自転車で出た日の写真。
千住大橋を渡ると「やっちゃば」というところがあります。
そこは昔、青果市場があり、せりの声が「やっちゃ」と聞こえたことから、
「やっちゃば」と呼ばれるようになったそうです。

このあたりは奥の細道ゆかりの地で、
千住大橋のたもとには矢立初めの碑もあります。
芭蕉が旅立ったのは、元禄2年3月27日(新暦1689年5月16日)。
ちょうどいま時分の、暑くなりはじめる頃だったのでしょう。

   ゆく春を眺めし無為の別れ哉


a0043323_8124437.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2007-05-20 07:47


<< 「四輪春行」その4、新潟29日、 酒蒸し鍋, >>