ニキ・ド・サンファル ―テロリストになる代わりにアーティストになった―

ニキ・ド・サンファルという女性アーティストがいました。
フランス貴族の末裔という家柄で、
若いときはウォーグ等の有名雑誌のモデルをして、
ライフの表紙を飾ったこともあります。
(かなり美人、w)

そして精神病院に入院中、その治療に絵をはじめて、
退院後は独特の「射撃絵画」で名を馳せます。
さらに「ナナ」のシリーズを初めとする、
丸みを帯びた女性像を数多く制作。
スウェーデンのストックホルムでは、
「HON」(ホーン)という作品が展示されました。
これは横たわった巨大な女性の下半身から、
その内部に入る趣向です。別名「胎内めぐり」とも。

ひとことで言うと、かなり「ブッ飛んだ」アーティスト。
初期の射撃絵画はかなりドロドロした内面を感じます。
けれど「ナナ」や「蛇」のシリーズはなんともユーモラス、
見ているだけで気持ちが明るくなってくる。

そういえば「ニキ」は本名ではなく、
子供の頃のニックネームだそうです。
晩年は呼吸器や免疫系の多病に苦しみ、
2002年にサンディエゴで亡くなりました。


日本にはニキ・ド・サンファルの熱心なコレクターがいて、
栃木県の那須に「ニキ美術館」があります。
入館料は大人千円、そして210円の追加料金で
館内の写真撮影もOKでした。面白いアイデアですね。
オススメの美術館です。

―テロリストになる代わりにアーティストになった―、
これはニキ本人の言葉として知られています。

   ニキの夏那須高原の「ビッグ・レディ」

   夏闇も夢こそすべてアーティスト


      「ビッグ・レディ」1968-95
a0043323_20282487.jpg

      「ビッグ・ヘッド」1970
a0043323_20115076.jpg

a0043323_20121478.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2007-08-19 20:20


<< 水を眺める、 国産初のロケットエンジン、 >>