嵐山SAのホットドッグ、

これは関越自動車道の嵐山SAにて。
ホットドッグのスタンドがあって、
三種類あったうちのひとつ、チリドッグ、330円。

そういえばなぜ「ホットドッグ」という名称なのか。
気になってすこし調べてみました。

この食べ物が作られたのは1900年初頭のこと。
この細長いソーセージは、犬のダックスフンドに似ていることから、
「ダックスフンドソーセージ」と呼ばれていました。
それを野球場で「レッドホット・ダックスフンドソーセージ」
という名前で売っていたそうです。
その後、とある漫画家がユーモアをこめて、
パンにダックスフンドを挟んだ絵を描いた際、
「HOT DOG」とユーモラスに書いて、それが広まったのだとか。


ところで昨日はエライ目にあいました。
車で出かけて、北軽井沢から蓼科のローランサン美術館、
そして山梨の県立美術館へ。
日帰り温泉に入って、さあ帰ろうと思ったら、
中央高速が35kmの大渋滞、国道20号も大渋滞。

国道20号でめげて、側道に入って車内で仮眠。
目が覚めて、あれ、まだ渋滞してる・・・・。
なんとか大月ICまで行けば、
夜の10時だってのに、まだ30kmの渋滞表示。
気をとりなおして混雑と反対方向へ夜のドライブ、
富士吉田から山中湖、そして御殿場。

したら、東名高速、
夜11時半でまだ20kmの渋滞表示(泣きますよ、w)
で、ヤケクソで下道をドライブ、
国道一号の平塚に出て、深夜遅くに帰宅、はあ、

   秋の朝ホットドッグを頬張りぬ

もうひとつ、
  
   秋の夜拘束道路げんなりし


a0043323_84942.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2007-10-08 08:09


<< 親睦的な猫、 夜の新宿、 >>