釜飯の容器でご飯炊く、

今日はちょっと気分転換、
峠の釜飯の容器でご飯を炊いてみました。
これは今回が初めて。
おぎのやのこの容器は益子焼きだそうです。
夏の軽井沢で食べたときのものですね。

  おぎのや、峠の釜飯、

うまくいくかなと心配だったのですが、
なんとか炊けました。
最初の強火でどっと吹きこぼれてしまい、
ちょっと焦った。
容器のサイズから米は1合くらいまで。
火加減は大きな土鍋のときよりり弱めがいいみたい。

美味しい、ちゃんと炊けてます。
一枚目の写真は蒸らしたあと、ご飯をほぐしたところ。
大好きなオコゲもお茶碗によそいます。
ついでに三枚目の写真は、
牛肉の代わりに豚肉を使ったチンジャオロースーもどき。
家で時々作ります。これがまたご飯に合う合う。

   炊きたてのご飯美味しや秋深む


a0043323_2092357.jpg


a0043323_2093957.jpg


a0043323_2095554.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2007-10-21 20:00


<< PCリセットにゃんこ、 モーニング、ジョナサンにて、 >>