「赤い魔女」、ニキ・ド・サンファル、

これはニキ美術館所蔵の「赤い魔女」という作品。
いわゆる射撃絵画で、
ニキが造形をして、さらにライフルに絵の具を詰め、
作品に向かって発砲して完成というものです。

この射撃絵画という手法の特異性もあり、
ニキはアートの世界で一躍知られるようになりました。
ただ、この「赤い魔女」、
写真からも言葉にならない暗闇や、
抑圧の強い内面を感じます。
彼女の「花嫁」のシリーズにも似た雰囲気がある。

それが後年の「ナナ」や「蛇」のシリーズに見られる、
ユーモラスな明るさと大きな乖離を感じました。
けれどよく考えてみると、
射撃絵画の暗さと「ナナ」の明るさは、
やはり同じ根っこなのかも知れない。
例えば、ひとりの人間のシルエットが、
見る角度によってまったく違ってしまうように。

作品はそのアーティストの、
様々に変幻するシルエットなのかも知れません。
最近はそんなふうにも思います。

   月光の身に入る君は今日魔女

(10/27追記)質問があったので、ちょっと補足を。
  読みは「げっこうのみにいるきみはきょうまじょ」です。入るは「いる」。
  字足らずの句です。


a0043323_23343417.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2007-10-25 23:35


<< 中央高速道、 名古屋は味噌である、その1、 >>