箱根、宮城野、

仙石原から宮城野へ。
ここにも日帰り温泉がいくつかあって、
箱根湯元よりだいぶ空いています。
この日入ったのは、初めての『勘太郎の湯』。
建設会社の経営で、その名前は創業者の勝俣勘太郎に由来。
なんでも勝俣翁の夢枕に不動明王が現れて、
そのお告げで湯を掘り当てたという伝説があるそうです。

内湯と屋根のある露天風呂があって、男湯の客は3人。
空いている温泉は気持ちいいです。ここオススメ。
湯のあとは畳の大広間で天丼を食べました。

外へ出ると、すぐ近くには蛇骨川とその桜並木。
花時が4月半ばだったようです。
夜間はライトアップもされていたみたい。
駐車場へ戻る途中には、枝垂れ桜が見事でした。

   山里の春を過ごせり日帰り湯


a0043323_412518.jpg


a0043323_412251.jpg


a0043323_4124913.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2008-04-26 04:21


<< ピラルクー、 100円コーヒー、マクドナルド、 >>