夏山女魚、

これはしばらく前、
井の頭自然文化園(動物園)にて。

ワードで変換すると山女となりますが、
釣りでは山女魚と書いて〝やまめ〟と読みます。
山女は俳句で夏の季語。

けれど釣りをやる人ならご存知と思いますが、
時期によっての呼び名もあります。
雪解け水の頃なら〝雪代ヤマメ〟、
暑い時期は〝夏ヤマメ〟、晩秋は〝木の葉ヤマメ〟。
梅雨が明けて暑くなると、
その時期の山女魚は釣るのも難しくなります。
俗に〝一里一尾〟とも言い、
一里(4km)を釣り上がるごとに一尾が釣れる、という話です。
ただ、これはちょっと大袈裟な喩えかも知れません。

   敏捷な乙女の如し夏ヤマメ


a0043323_54948.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2008-07-01 05:49


<< 代替エネルギーバブル? グレープフルーツ、 >>