「桃色ゲリラ」、

ちょっと面白い本に出会いました。
著者は二児の母親でもある、増山麗奈さんというアーティストです。
「桃色ゲリラ」は彼女が主催する反戦反核アーティスト集団。
露出度の高いピンクの衣装でイラク戦争の抗議運動をし、
六ヶ所村で核燃料再処理工場への反対活動他、
様々なデモンストレーションを行ってきました。

本には著者の奔放な男性遍歴や、家族との軋轢、自殺未遂、
そういったドロドロした話も沢山出てきます。
そして戦場となったイラクへも入り、
現地のアーティストとも知己を深めています。
うわべの綺麗事でごまかそうとはせず、
こんなふうにさらけ出すのは生易しいことではありません。
たぶん不器用で、自分に対して正直な人なのだと思います。

正直なところいまの時点で、
アーティストとしてはイロモノと認識されることも多いかも知れない。
アートパフォーマンスにしても、
母乳を飛ばして絵を描いたり、母乳クッキー?、ボディペイント、
youtubeに動画ありますけど、ちょっと、おいおいという感じ(笑
本人が大真面目な分、鑑賞者と微妙に距離感がある気もします。
けれど嫌味はなくて、なんだか楽しくなってくる。

そういえば日本の若手の現代アートって、どう思いますか?
器用でテクニックもあり、感受性やアイデアもある、
はっきり言ってレベルは高いと思います。
けれど外国の作家に比べて、決定的に物足りないものがある。
生々しいパワーというか生命力に欠けている気がします。
このアーティストの絵には、炎があると思う。

現時点では、そのエネルギッシュな活動が目立っているみたい。
ただ、芸大の教授が学生だった著者に言っていたという、
「パフォーマンスね・・・・、最期は平面に辿り着くよ」。
平面とはつまり絵のことです。
これからさらに、どんな作品を描いていくのか。
今後を注目したいアーティストのひとりです。

このブログがご本人の目に触れるかはわかりませんが、
ある芸術家のこんな言葉を贈りたいと思います。

 アーティストの役割は社会の価値を変えること


   明日やある夏の夜の夢アーティスト


a0043323_23111028.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2008-07-24 23:18


<< 金魚、 西瓜、 >>