<   2006年 10月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ペンギンをスケッチ?

これはしばらく前、上野動物園にて。
ちょうど檻の前で、
学生らしい女の子たちが画用紙にスケッチをしていました。
あちこちの檻でそういった光景を見かけましたから、
課題か何か出ていたのかも知れません。

このペンギン、描かれているのが判ったのでしょうか。
鉛筆を走らせる若いアーティストたちの前で、
ずっとこのポーズのままでした(w

   来世はペンギンもいいかな冬隣


a0043323_21463332.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-10-31 21:48

シオンの花、

紫苑です、
キク科でこの花は中国が原産、
花言葉は「思い出」「追憶」。

   思い出の花は紫苑の風手紙


a0043323_21562537.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-10-30 21:37

女性の線画、

出先で、ふっと目に入りました。
欧米人は色の変化や濃淡で見たものを捉え、
日本人は線で捉える、となにかで読みました。 

   しめやかに過ぎぬ明日は十月尽


a0043323_21334111.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-10-30 21:34

刀根柿、

刀根(とね)柿です。
そういえば正岡子規は結核の療養中も、
食欲だけは衰えず、柿も好きだったようです。

子規のこの句が好きです。

   三千の俳句を閲して柿二つ

閲(けみ)して、とは調べるということ。
子規は創作と同時に蕪村を再評価し、
言葉や短歌、俳句の分類に力を注ぎました。

高浜虚子に子規を主人公にした「柿二つ」という小説があります。
これは上記の句から題をとったものである、
となにかで読んだように思いますが、記憶が定かではありません。


   言霊も夢に遊べや夜の柿


a0043323_21271593.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-10-28 21:29

コートを買いました、

今日は夕方、買い物に出かけて冬物を少々。
こんなハーフコートも買いました。
ややシックな感じのもので、
カジュアルに着られそうです。

服を買うときは迷わないほうです。
そのときの一瞬の直感がわりと当たるみたい。
あ、いいなと思ってから、いくつか見て回っても、
結局は最初に気に入ったものを買うことが多いです。

第一印象というのは、物でも人間でも、
わりと大切みたい。

ちなみにコートは冬の季語。

   新しき匂いのコート顔に寄せ


a0043323_2123658.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-10-28 21:25

車にて、雨の日、

信号待ちのとき、
ワイパーを切って外を眺めてみました。
前の青い車はローバーのmini、

   ガラス窓世界は滲む雨の秋


a0043323_2202723.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-10-26 22:01

新宿の十二社熊野神社にて、

これは新宿の十二社(じゅうにそう)で秋祭りのとき。
境内には舞台があって、
ちょうど能を見ることができました。

   能舞台シテの動きや秋祭り


a0043323_21571774.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-10-26 21:59

松茸(中国産)、

先週、松茸を買いました。
エクセルシオールでコーヒーを飲んで、
出て来たすぐ隣りのスーパーです。

これは中国産で、980円。
顔に近づけても松茸の匂いしない・・。
???
けど松茸ご飯に炊いたら、
仄かに独特のいい香りがしました。
また買って来ようかな。

   スーパーで松茸狩の夕べ哉


a0043323_220535.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-10-24 22:01

キャンディ、

友人のところのチワワ、キャンディ嬢です。
好奇心が強そうで、おきゃんな印象も受けます。
いまはチワワがもう一匹、
真っ黒けの男の子がいるそうです。

写真は了解を頂いて使ってます、
M子さんに感謝♪

   キャンディと呼べば尻尾に秋の風


a0043323_2055589.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-10-23 20:55

萬千吉茶坊(マチキチサボウ)にて 、

これは静岡県の清水にある萬千吉茶坊というお店にて。

中国茶の専門店です。
茶坊というのは中国語で、カフェのこと。

店内は瀟洒な雰囲気でとても落ち着きます。
品書きには聞いたことのないお茶の名前が沢山。
注文するとテーブルには電熱のポットも置かれ、
あとからお湯を足すことで、
心ゆくまで中国茶を楽しむことが出来ます。
ほのかな香りに、ひと口含むと上品な味わいが広がります。
このときは三人だったので、
それぞれ別のお茶を注文しました。
お茶の名前、覚えてないんです、すみません。

それとこのシフォンケーキが絶品!
また行きたいのですが、ちょっと遠い。
家から軽く150kmあります(w

   中国茶無為の陽射しや冬隣


a0043323_18501775.jpg

a0043323_17251548.jpg

[PR]
by yuhki_ex10 | 2006-10-22 17:28